Daily Marinenet 2016

mbtoyama.exblog.jp

マリンバンク富山・最新情報     

ブログトップ

カテゴリ:トピックス( 76 )

 27年5月28日(木)午前10時30分より、富山県森林水産会館において、富山県信用漁業協同組合連合会総会付議事項説明会を開催いたしました。
 本会会員の役職員の出席、来賓として富山県水産漁港課、農林中央金庫富山支店からのご臨席があり、6月26日(金)に開催する本会通常総会総会の付議事項と報告事項について、本会役職員より説明いたしました。
 通常総会は、水産関係6団体が同日開催する関係から、当日は議案の要旨説明にて議事進行する予定であり、予め会員に対して総会議案の内容について詳細に説明し、ご理解・ご確認をいただくために、毎年通常総会開催の前に開いているものです。

 
[PR]
by mbtoyama | 2015-06-02 11:14 | トピックス
来年10月、富山県で全国豊かな海づくり大会が開催されます。
放流会場となる射水市の海王丸パークで
10月12日(日)一年前のプレイベントが開催されました。

本番さながらの式典、稚魚の放流事業、
漁業功績者への表彰式、
地元の新湊漁協所属漁船のパレードなど
大勢の県民・市民の集まるなかで行われました。

マリンバンク富山の職員も
イベントの受付や進行係の
手伝いをさせていただきました。

式典のあと海づくりフォーラムもあり
さかなクンの記念講演会がありました。
残念ながら撮影禁止で公開できませんが
魚の絵を描きクイズを出しながら
楽しくて勉強になる講演でした。

d0121593_93562.jpg


d0121593_9362325.jpg


d0121593_9372117.jpg


d0121593_9535181.jpg

[PR]
by mbtoyama | 2014-10-27 09:57 | トピックス
26年9月1日(月)富山市において、第35回全国豊かな海づくり大会の
富山県実行委員会、第3回総会が開催されました。
  第35回目の海づくり大会は、来年の秋、平成27年10月24日(土)・25
日(日)射水市で開催されます。
  第3回総会では、実施基本計画の中間報告が行われ、基本的な計画概
要が承認されました。
 本番まで1年と1か月あまりとなり、来月10月には1年前プレイベントが
次のように開催されます。

   1 名 称   豊かな海づくりフェスタin海王丸パーク
   2 日 時   平成26年10月12日(日) 10時~16時
   3 会 場   海王丸パーク ほか
   4 内 容
     (1)大会1年前記念行事
        10時30分~11時30分  親水護岸エリア
          ①招待者 250名程度
          大会推進委員会(全国主催団体)、県選出国会議員、県内の水産団体など
         ②内容
           挨拶、表彰、会場歓迎行事、放流行事、アトラクション

     (2)豊かな海づくりフォーラム
        12時30分~14時20分  日本海交流センター
         ①海づくり、森づくりの活動発表
         ②特別講演 さかなクン

     (3)関連行事
        10時~16時  イベント広場
          大漁鍋、ご当地グルメ、物産販売
           さかなクンのトークショー
[PR]
by mbtoyama | 2014-09-02 14:06 | トピックス
 平成22年2月26(金)~27日(土)東京都内において、本会と東京都信漁連による第1回広域化事務研究会を行いました。本会から4名、東京都からは6名合わせて10名が参加し、26日は参加者交流会、27日は研修会とし2日間にわたり、大変有意義な研究会となりました。
 本会では平成17年から北陸ブロックでの広域化事務研究会の事務局を務めて、ブロックでの広域化を推進してきましたが、目標とした21年9月の北陸信漁連設立が実現できませんでした。ブロックでの広域化を基本としつつも、21年度からはブロックを超えた合併についても検討を進める方針を示しております。
 
d0121593_0425192.jpg



d0121593_0435180.jpg


 北陸ブロックでの広域化事務研究会の際に、東京都信漁連からもオブザーバー参加されていた経緯もあり、かねてから相互の研修会、事務研究会の実現に向けて準備を進めてきました。
 今回の研究会では、2信漁連の業務概況の相互説明のあと、広域化検討の経緯、広域化事務マニュアル、北陸信漁連設立骨子などについて、関係資料やマニュアルの理解と、今後の取組み方向について意見交換しました。
 引き続き本事務研究会を定期的に開催していくこととしております。
[PR]
by mbtoyama | 2010-03-03 00:47 | トピックス
  本会では、県域を超えたマリンバンクの広域化を検討するため、下記のとおり推進プロジェクトを設置するとといたしました。第1回目は11月16日に開催し、今後の検討日程などについて協議いたしました。

                     記


マリンバンク富山「広域化推進プロジェクト」設置要領


1.目 的
  本会の次期中期経営計画案の策定にあたり、県域を越えた信漁連等の合併による「広域信漁連」の設立 に関する、特別プロジェクトを設置し具体的な方策の検討・推進を図る。

2.名 称
本プロジェクトの名称は、マリンバンク富山「広域化推進プロジェクト」(以下、「広域化プロジェクト」という)とする。

3.プロジェクトの構成等
(1)本会役職員
(2)農林中金富山支店の職員
(3)その他

4.メンバーの選定等
  会長理事はプロジェクト・メンバーを選定・委嘱し会議に召集する。
必要な場合は、学識経験者・関係信漁連及び全国連の役職員へ参加を要請する。

5.検討・推進事項
 (1)広域化マニュアル(全国連作成)の理解
 (2)ブロックを越えた広域化の検討(課題と取組の方向)
 (3)広域化を目標とする他県域信漁連等との情報交換
 (4)中期経営計画への反映(年度別の取組目標等)

6.事務局
(1)企画管理部 プロジェクトの設営と進捗管理、理事会報告
(2)審査指導部 情報収集・資料作成、保管

7.要領の改廃
本要領は平成21年11月16日から実施適用し、以後の改正及び廃止は会長理事が定める。
[PR]
by mbtoyama | 2009-11-19 01:19 | トピックス
 10月30日にJF全国代表者集会を開催し、JFグループの新運動方針が決定されます。新運動方針の重点取組事項は、4つあります。
 1番目は、「組織・事業再編と人づくり」であり、合併計画の見直しと効率的な事業運営体制の構築、人材育成を掲げています。2番目は、「経営改革に向けた取組み」として、内部統制・リスク管理、コンプライアンスの徹底であります。3番目は、「事業改革に向けた取組み」として、組合員の経営安定化と☆協・連合会の健全経営のための事業改革を上げています。4番目は、「協同組織の強み発揮と漁業・漁村への貢献」として、協同組合の基本理念に基づく、事業と運動の推進、さらには、他の協同組合組織などとの連携や提携を目指しています。
 信用事業に関しては、こうした運動方針をもとに、次の4点を重点取組事項としています。
  (1)健全性の一層の強化
  (2)事業推進力の強化
  (3)専門性の高い人材育成
  (4)事業・組織戦略の策定
 また、現在、全漁連において、系統信用事業のあり方検討会を設置しており、来年2月頃をめどに、系統信用事業の長期ビジョンをとりまとめることになっています。このなかで、全国的な視野での広域信☆連の可能性、イメージの具体化も含まれる見込みです。これら、JFグループの運動方針、系統信用事業の中期推進方策、長期ビジョンを取り入れて、本年度中に、本会の22年度からの新中期経営計画の立案を進めることにしています。
 
[PR]
by mbtoyama | 2009-10-29 17:55 | トピックス
 10月6日、社団法人 大日本水産会の平成21年度水産功績者表彰者の発表がありました。
 富山県からは、新湊漁協組合長(本会副会長)の 尾山春枝さんが、県漁協女性部連合会会長・ 沿岸漁業関係の功績者として選出・受賞されることになりました。
 全国では、沿岸漁業関係 7名 沖合・遠洋関係 12名 増養殖・内水面関係 2名 流通・加工・冷凍関係 8名金融・保険・共済関係 3名  研究開発関係 6名  水産全般関係 1名  合計39名の方が選ばれています。
 今年度の表彰式は、11月26日(木)午前10時30分から、 東京都港区赤坂の三会堂ビル・石垣記念ホールで行われます。
[PR]
by mbtoyama | 2009-10-15 12:08 | トピックス
 くろべ漁協が運営する、魚の駅「生地」開設5周年を記念して、10月3日(土)、黒部市国際文化センター・コラーレで、「都市漁村交流フォーラム」が開催されました。
d0121593_13583399.jpg



d0121593_14162377.jpg


13時30分開始で、松野均くろべ漁協組合長の開会挨拶に続き、東海大学准教授の関いずみ氏による基調講演「都市漁村交流が漁業を変える!漁村を変える!」という講演がありました。
d0121593_13591181.jpg


14時40分からは、「都市漁村交流のトレンドを探る」というテーマでパネルディスカッションが行われました。パネリストは、関いずみさん(海とくらし研究所」主宰、東海大学准教授)、小野敏明さん(マザーズグループ代表)、松田泰明さん(「漁師と友だち」主宰・地域振興プロデューサー)、松野勢津子さん(くろべ漁協女性部長)、桑名幸一さん(海洋ジャーナリスト)、堀内康男さん(黒部市長)の6人。
d0121593_14172417.jpg


 「食べ物は頭で食べるのでなく口で食べる物」、流通市場の食べ物情報(価値観)だけでなく、生産者と消費者をつなぐ「食べる市民運動」として、オーガニックスーパーマーケットを主宰・運営されているという、小野さんの意見や、「浜の女性起業家の応援団」として、各地の漁協女性部の取組みに関わってきた関さんの意見「補助金に頼りすぎる活動は長続きしない」「連携と持続」できる活動を楽しくやっていけることが大切という考え方などが披露された。会場には黒部漁協の皆さんや黒部市の方、隣接する漁協の組合長さんや女性部の方など100人あまりの皆さんが最後まで熱心に出席されていました。
 会場入り口では、漁船海難遺児育英会の募金活動も実施されました。
d0121593_1413518.jpg

 くろべ漁協の皆さん、お疲れ様でした。10月11日には、魚の駅「生地」において、開店5周年記念感謝祭も行われるそうです。ひきつづきのご健闘をお祈りいたします。 (撮影;本会中川部長 文;山田)
[PR]
by mbtoyama | 2009-10-05 14:12 | トピックス

ラジオCMスタート !

 10月1日から、北日本放送(ラジオ)で、

 JFマリンバンクの提供で、
 「海の天気予報」を、放送しています。

 月曜から金曜の毎日、
 午前7時42分からです。

 マリンバンクのCMを
 是非お聞きください。

 
[PR]
by mbtoyama | 2009-10-01 18:37 | トピックス
d0121593_295611.jpg

 11月15日~16日の二日間、新湊漁港で「新湊白えびまつり・カニかに海鮮まつり」が開催されました。週末は雨模様の天候で、出足が心配されましたが、15日の白えびまつりには3万5千人、16日のカニかにまつりには5万5千人か集まり、合わせて9万人の大イベントとなりました。
  昨年に続き新湊漁協と姉妹提携している由比港漁協からの参加協力もあり、宮原組合長を先頭に桜えびの販売などが行われました。
 カニかにまつり開会式では、このイベントの立ち上げや新湊ブランドの全国発信に力を傾け、先月急逝された新湊漁協矢野前組合長に対し、集まったすべての人が黙祷を捧げました。
 本会からも延べ12人が、漁協のみなさんと一緒にスタッフ参加しました。 
  

d0121593_284456.jpg


d0121593_2104283.jpg


d0121593_253779.jpg


d0121593_20751.jpg


d0121593_216369.jpg


d0121593_2111716.jpg


d0121593_2121138.jpg


d0121593_2124422.jpg




d0121593_222229.jpg


d0121593_27121.jpg


d0121593_275663.jpg



d0121593_291755.jpg

[PR]
by mbtoyama | 2008-11-18 02:58 | トピックス