Daily Marinenet 2016

mbtoyama.exblog.jp

マリンバンク富山・最新情報     

ブログトップ

<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


 「新湊カニかに海鮮まつり」(11月18日開催)のプレイベントとして、

 11月11日(日)富山県立大学にて、
「新湊カニ検定」が開催されます


 新湊のカニや新湊漁協に関する様々な知識に関する50問を回答下さい。
    参考書持込も可で、四者択一
    試験時間は60分
 上位10名をが「カニ博士」に認定されます。
 最高得点者ほかに、カニのプレゼントもあります。

 申込は往復ハガキにて新湊漁協まで。

 締め切りは10月26日までとなっていましたが、
 定員に達していないため、

 申込受付が延長されています

 受検料 1,000円は当日受付にて納付。
      受付  9:45 ~ 10:15
      試験 10:30 ~ 11:30

 受験者全員に「新湊の寿司」と「お茶」が配布されます。

 詳細は、 新湊漁協のホームページ をご覧下さい。
[PR]
by mbtoyama | 2007-10-30 12:54 | トピックス

どんぐり拾い&植樹

d0121593_11293839.jpg

 10月20日(土)10時より、岐阜県飛騨市古川町にて、「飛越源流の森づくり(どんぐり拾い&植樹)」が開催されました。春と秋の年2回森と海の交流事業のひとつとして、岐阜県の森林行事に富山県や漁業関係団体・漁協などからボランティア参加しているものです。
d0121593_11295471.jpg

 本会からは事業推進部の小松部長が参加しました。現地では200名ほどの参加が見られたということです。前日はかなりの雨が降り、雨の中の植樹作業が心配されましたが、イベント当日は晴天に恵まれ「暑かった」様子です。
d0121593_11291973.jpg

     (写真撮影:小松部長)
[PR]
by mbtoyama | 2007-10-26 11:42 | トピックス
 18日10時より氷見市ふれあいスポーツセンターで、全国の漁業関係者1,800人が集まり、第59回全国漁港漁場大会が開催され、開催県水産団体の一員として本会の窪田参事が出席しました。
 大会は県漁港漁場協会・副会長の、矢野恒信新湊漁協組合長(本会副会長理事)による開会宣言と歓迎のあいさつで始まり、JF富山女性部連合会大黒富子副会長による大会アピールや漁港漁場整備などに関する大会決議が採択・可決されました。
d0121593_11352789.jpg

 大会運営にあたり、県・関係市町・水産関係団体・漁協の職員が参加・協力しました。特に地元の氷見漁協からは多数の役職員の皆さんが参加・協力され、本会からも男女1名ずつの職員を派遣し大会受付と会場整理の業務を担当しました。前日にも氷見市の会場で事前打ち合わせがあり、受付担当者は2日間にわたる協力となりました。
d0121593_11361130.jpg

 参加者の昼食を準備するボランティア・スタッフ。


d0121593_1137171.jpg

     (写真撮影:桐島)
[PR]
by mbtoyama | 2007-10-26 11:41 | トピックス
地域社会への配慮

 協同組合は、組合員がよいと思うやり方によって、その地域社会の永続的な発展に努めます。

d0121593_1685666.jpg


   第1の原則
[PR]
by mbtoyama | 2007-10-12 17:07 | 綱領・宣言
協同組合間の協同

 協同組合は、組合員に対する役割を最も効果的に果たし、協同組合運動を強化するために、地域的・全国的・広域的・国際的なしくみをつうじてお互いに協同します。
d0121593_1614963.jpg


  第7の原則
[PR]
by mbtoyama | 2007-10-12 16:02 | 綱領・宣言
教育・研修と広報活動の促進

 協同組合は、組合員や選出された役員、管理者、従業員に対して教育や研修を実施し、それぞれが組合の発展に有効に貢献できるようにします。
 また組合は、一般の人びと(とくに若者やオピニオンリーダー)に対して、協同組合の本質と意義とを広めます。

d0121593_15544177.jpg


  第6の原則
[PR]
by mbtoyama | 2007-10-12 15:55 | 綱領・宣言
組合の自治・自立

 協同組合は、自治にもとづく組合員の自助組織であって、組合員が管理するものです。
 政府も含め他の組織と取り決めを行ったり、外部からの出資を受ける場合であっても、組合員による民主的な管理が確保され、組合の自立性が維持されることが条件です。

d0121593_15444391.jpg


  第5の原則
[PR]
by mbtoyama | 2007-10-12 15:48 | 綱領・宣言
組合員による財産の形成と管理

組合員は、協同組合に対して公平に出資するとともに、組合の財産を民主的に管理します。
 組合財産の少なくとも一部は通常、組合の共有財産であり、組合員が拠出する出資金に対して配当が支払われる場合でも、通例それは制限されたものとします。
 そして剰余金は、次の目的のいずれか、またはすべてに充当されます。
  ・その組合の発展のため(なるべく積立金とし、少なくともその一部は分割できないような形にする)。
  ・組合の事業利用に応じた、各組合員への還元のため。
  ・組合員が認めるその他の活動を支援するため。

d0121593_17511237.jpg


  第4の原則
[PR]
by mbtoyama | 2007-10-11 17:51 | 綱領・宣言
組合員による民主的運営

 協同組合は、組合員の運営によって支えられた民主的な組織です。
 組合員は組合の方針の策定や意思決定に積極的に参画し、また、組合員によって選出された代表の人たちは、すべての組合員に対して責任を負います。
 単位組合の組合員は一人一票の平等な議決権をもち、他の段階の協同組合もまた民主的な方法によって組織運営されます。
d0121593_2311135.jpg


 第3の原則
[PR]
by mbtoyama | 2007-10-10 17:00 | 綱領・宣言
 自発的でオープンな組合員制度

 協同組合は自発的な組織であり、組合の事業を利用し、組合員としての責任を果たす意志のある人なら誰でも、性別や社会的・人種的・政治的・宗教的な理由での差別を受けることなく、組合員になることができます。
d0121593_233379.jpg


  第2の原則
[PR]
by mbtoyama | 2007-10-10 11:43 | 綱領・宣言